ガンの治療法は大別して、手術、抗がん剤を使った化学療法、放射線療法の三つに分かれる 手術は、がんのある部位を切って取り除く方法で、日本ではこの治療法が主流だ。 抗がん剤を使った化学療法は、薬剤の投与によって、がん細胞の増殖を抑え、死滅させる方法。これは副作用を伴うケースが多い。

放射線療法は、X線などの放射線を照射して、がん細胞の増殖を抑え死滅させる方法。これはきらずに治せて、痛みも少ない。 治療費も手術に比べ3分の1と安い。アメリカでは放射線療法は、治療法全体の66%を占めている。しかし日本で専門医の数が少ないため、 25%と遅れている。

 


 カテゴリ
 タグ