水溶性となり、分解酵素がなくても、90%以上吸収が可能になることがわかっています。


吸収率の人体実験では、通常の高分子キトサンの吸収率は3%以下であると

報告されております。


兎や牛の動物実験では高分子のキトサンでも28%の好吸収であることが報告

されています。

人間の場合は水溶性のキトサンしか吸収できないと考えてさしつかえないです。


さらに電話でのご質問が大変多い内容にこの低分子ですかという質問に

あるお客さん疑問にお応えしておきます。


低分子キトサンも加工度合いによって いろいろ種類がございます。


最近お客さんの例でいえば「今までいろんな世間に売っているキトサンをためしてきたけど

ほとんど効果が見られなかった」というものです。


はっきり言ってそうゆうものにいくらお金をかけても健康生活向上は望めないでしょう。


なぜなら その価格帯で低分子のキトサンを販売することは不可能だからです



fashion3.jpg


 カテゴリ
 タグ