2種類以上の医薬品を同時
あるいは前後に使用すると、 
相互の薬理作用に影響が
見られる場合があります。
 一般的に薬物相互作用と
いわれ、
併用することによって
単独で使用するときよりも
成果が増加する場合や 



減弱あるいは消失
する場合があります。 
 キトサンはアセチルグルコサミン
グルコサミンからなる多糖体
であり、
 このような物質と薬剤の相互作用
は見られないといわれています。
 キトサンは分解されればオリゴ糖
になりさらに細かくなれば
グルコサミンという糖
 (ぶとう糖などと同じ物質)に
なるので2種の物質が出会って 


化学変化を起こすことは考えられない
とされています。
 したがって問題がないといえますが
キトサンが脂質を吸着する
作用
があることを考えると
脂溶性の薬剤の効果を低下させる 
可能性があります。

脂溶性の薬剤の代表として
ビタミンA、 
Dがありますが


心配なときは必ず
薬剤師に問い合わせてください。

G_7qVVpPmlCDGcq.gif