病気の解説

増加傾向にあります。

日本1994年に胃がんを抜いて、男性の死亡原因

の1位に


発生部位は、肺の入り口あたりの肺門部ガンと、

肺の奥にできる肺野部ガンがあります。


ガン細胞の形で分類ガンでは小細胞型非小細胞型が

あります。

非小細胞型はさらに扁平上皮ガン、腺ガン、大細胞ガンに分けられます。

原因

最大の原因は喫煙で非喫煙者に対する喫煙者の死亡率

は4.5倍です。

女性の増加も、女性の愛煙家が増えているからと

考えられます。

そのほかには、発ガ物質による大気汚染、

環境要因の悪化も原因に


症状

初期は無症状。やがて、咳、胸痛、背部痛、痰に血が混じる

呼吸が苦しい 発熱、ばち状指、などがあります。


ガンが血管や神経を圧迫すると、

顔や首のむくみ、声がれなどがあらわれます。


一般的治療

小細胞は発見時には進行していることが多く

抗ガン剤と放射線の併用治療が標準です。


悪性ならそれだけ抗ガン剤や放射線への反応が

よいとされtれいますが、三年後の生存率

は20%以下で、高くありません。


非小細胞型はあまり抗ガン剤の効果が上がらず

基本は手術です。

ただ、ガンが広がっていれば、手術は不能で、

症状緩和を目的とする治療では、

5年生存率はT期70% U期50% W期5%未満

です。


一日4g〜5gの水溶性キトサンを飲むことで完治したケース

は多くあります。

ガン末期でも、水溶性キトサンで自然治癒力を高めて

症状のい改善を目指すことが可能です。
title_01.gif