キトサンで未病対策しましょう。 なってしまったよりならないように今日から貴方もはじめてみませんか!
キトサン粉末使用による健康増進情報と
低分子キトサンの出会いは・・・、と書きたいところですが、ダラダラ長くなりそうなので辞めておきます。
潔くコメントをつけさせていただきます。

低分子キトサン本当にお勧めです。

「お勧めしたい!」という感情をうまく文章に表したいんですが、「すごい!!」「素敵!!」「素晴らしい!!」などのコメントを書くと、かえって怪しくなりそうなので辞めておきますね(笑)。
気になる方は、とりあえず一度チェックしてみて下さい。
知っておいて損はしないと思いますから。

キトサンを飲用すると胃の中に入り、胃酸で溶け、ゲル状(液体)になって小腸から大腸

に移動します。 その間に、リゾチームや腸内細菌から出るキトナーゼという酵素によって

分解され、キチンオリゴ糖やキトサンオリゴ糖になって腸内吸収されるといわれています。

ここまでいいでしょうかね!

そしてキトサンそのものに腸内のビフィズス菌の増殖作用がありますが、

病気になる人は一般的にこのビフィズス菌の働きが弱いいわれています。


そのため、キトサンの成果を高めるためには、ビフィズス菌の増殖を手伝ってあげる必要

があります。

それではビフィズス菌そのものを飲用すればよいのではと思いますが、飲用したビフィズス

菌はほとんどが胃酸で死んでしまうという説もあるので、

成果を期待できません。ですから、オリゴ糖を飲むのがよいのです。

オリゴ糖は、砂糖に代わる甘味料と期待されています。砂糖が体内ですぐ吸収されるのに

対し、オリゴ糖は吸収されずに大腸に達しビフィズス菌の餌になってビフィズス菌を増殖

させるので腸内の善玉菌を増殖し、免疫力を高めるものとして注目をあつめている物質です。

当社キトサンは低分子単体のものと フラクトオリゴ糖をキトサンに添加したものと

2タイプ用意している訳は以上のような理由からであります。


簡単ですが基本的な部分ですので、おさらいです。


ますますキトサンの需要が高まってまいりました。その他にも放射能汚染特に体内(内部被爆

対策)としてキトサンのもつ機能のデトックス効果は期待したいところですが、

 今回のような震災被害による健康懸念により各人で備えたいところですね。

ガイガーカウンターでいくら放射線量がわかったとしても、内部被爆対策ってまだまだ

各人不十分じゃないでしょうね。

ますます。需要が高まるキトサンを是非日々実践していきましょう。




一人でも多く大事な家族の命を守りたい 


 カテゴリ
 タグ