「なるほど体にいいと実感した報告が多くに人から寄せられていることです。





健康食品といえば「長期間の飲用によってジワジワと成果がでる」ものが一般的なことを考えると、


健康食品の概念を一変させたといえます。

2つには、飲用成果の報告が特定の部位だけではないということです。




3つ

ここで人によって成果がちがう理由を探ってみましょう。

成果の違いが生まれる原因には、製品成分の差と飲用する人間の固体差という二つの側面があるようです。


1・ キトサンの精製度

2.  キトサンの含有量

3.  添加されている栄養素の組み合わせ

健康食品は、成分量を明示することは義務ずけられていません。

ですからキトサン配合と表示があっても、どれぐらいの精製度のキトサンが入っているか消費者に判断できないことが多いわけです。



ところが、精製度とキトサンの成果について、なんらかの関係があるのではないかと思われるようになってきたのです。

当社の場合 上記の精製の度合いは85%以上2度精製をかけている上質なキトサンです。



さらに 含有量ですが、粉末でキトサンそのものですので 1gに=1000mgのキトサンの含有量となり

精製の度合いもはっきりと明記しており、安心して飲用していただけます。

















 カテゴリ
 タグ