キトサンで未病対策しましょう。 なってしまったよりならないように今日から貴方もはじめてみませんか!
自分の調子を確認しながら飲むことができる
胃がんのために全摘出を受けましたが、大腸にも転移が認められ、これ以上の手術はできない
と主治医に言われました
でも、ここでへこたれるわけにはいきません。


友人に相談したら「水溶性のキトサンというのが、とてもいい効果を出すそうよ」といわれ

てすぐに手にいれました。
私の飲み方は、キトサン4250mgを200mlの水に溶かし、それをジュースに混ぜて飲むという
やり方で、これを一日10回に分け、一時間おきに飲みました。
水溶性キトサンの効果ははっきりとあらわれました。
病院で検査するごとに、腫瘍マーカーの数値がよくなっていくのです。
健康食品の場合、効いているのかどうかがわからないことが多く、
そのため、いつか、飲むことをやめてしまいがちです。
その点、水溶性のキトサンは、飲んでいる本人が自分の調子を確認しながら飲むことが
できるのです。すっかりうれしくなった私は、同じ飲み方で、水溶性のキトサンをさらに
5100mgを飲みました。
胃のバイパス手術を受ける前は、食事も思うようにできなかったのですが、
現在はもう普通に食事ができるようになっています。
これからは、よくなることはあっても、悪くなることはないでしょう。
衰えていた体力も必ずアップしていくはずです。
水溶性キトサンを飲み続けて、手術不可能といわれたガンを完全に克服してみせます。
M.裕子さん(39歳栃木県)

一人でも多く大事な家族の命を守りたい 

i1.jpg