キトサンで未病対策しましょう。 なってしまったよりならないように今日から貴方もはじめてみませんか!
病気の解説
日本では、以前は患者数も少なかったのですが、ライフスタイルの欧米化などで、年々

増加の一途をたどり、今後も増加が予測されます。


原因

高タンパク、高脂肪の食事、コーヒー、喫煙、アルコールなどが考えられます。

症状

初期症状はあまりなく、部位によって特徴がありますが、膵頭部のガンでは黄疸、膵体部や

膵尾部のガンでは腹部や背中の激痛、体重減少が主な症状です。

腹痛や腰痛が長引いての体重減少、腹部の膨満感、食欲不振、全身の倦怠感、吐き気、下痢

便秘、白っぽい便などの症状が出た時には、ガンはかなり進行している可能性が高いと

いえます。


一般的治療

治療の主体は手術です。膵頭部のガンの場合は、膵頭部と十二指腸、場合によっては胃の半分

を切除することもあります。

膵体部ガンと膵尾部ガンの場合、膵臓の左半分を切除する手術が行われます。

ガンが進行していれば、膵臓の全摘出がおこなわれます。

その場合、膵臓の内分泌・外分泌機能を失うため、糖尿病を招くことになります。

手術適応率は約20%、5年生存率は15%という厳しい数字もあります。

抗がん剤はあまり効果がなく、放射線治療やバイパス手術に注目する関係者もいます。




キトサン療法

術後の回復がよくない傾向にあるので、水溶性キトサンはなるべく空腹時に飲み、できるだけ

体内吸収率を高めることが重要です。


量は最低でも一日4250mg以上を摂取して、免疫力活性効果と自然治癒力のアップを目指します



i1.jpg



キトサンショップ 
 
一人でも多く大事な家族の命を守りたい 


 カテゴリ
 タグ