キトサンで未病対策しましょう。 なってしまったよりならないように今日から貴方もはじめてみませんか!
初めは膀胱がんの発見からはじまりました。 
そこから腸に転移し、腫瘍があまりに大きいために手術も不可能でした。
治療は放射線治療でした。
その際にあらわれるきつい副作用を回避するために、水溶性のキトサンを一日4250ミリグラム
を5回に分けて飲むことににしました。
水溶性のキトサンをすすめたのは妻でした。


彼女はガンに効果のあるものを必死に探しまわり、水溶性のキトサンにしたのでした。

効果はすぐに出ました。たった二週間、水溶性キトサンを飲んだだけなのに、
放射腺治療の副作用がまったくあらわれないのです。
それだけではありません。
腸に転移して大きな腫瘍があったはずなのに、なんと二センチまで小さくなっていました。
一番喜んだのは、本人の私より妻のほうでした。
彼女は自分が探してきた水溶性のキトサンのすごい効果で、もう鼻高々という感じでした。
病院の治療プログラムでは、放射線治療を進め、いい結果がでたら、その時点で手術を


検討しようということでした。

「こんなによくなるなら、手術のことは後まわすとして、もうしばらく放射線治療を
続けてみましょう」
やった!という気持ちでした。
私自身、手術はあまり気がすすまなかったのです。
放射腺治療と平行して、欠かさず水溶性キトサンを飲み続け、もっといい結果が出ることを
祈ろうと考えています。


山本 治夫さん 56歳・宮城県



一人でも多く大事な家族の命を守りたい 
 カテゴリ