キトサンで未病対策しましょう。 なってしまったよりならないように今日から貴方もはじめてみませんか!


いかにがんにならないように予防策をとり継続させるかにかかってくると思いま
以下に医学健康サイトさんの引用をしながら考察していきたいと思います。
がん遺伝子の発現にかかわる要因には、正常な細胞をがん細胞に変える悪条件をつくるのに関係する発がん物質や発がんウイルス、放射線などがある。発がん物質として有名なのがタバコである。喫煙は肺がんや胃がんをはじめ、あらゆるがんの発症要因となっている。



即阻止可能なものから順にあげればタバコですね。 ウイルスは自己対策である程度防御は可能であります。放射線にかんしては、現在進行形ではありますが、抜本的に巨大な資金が不可欠な課題で難しい
DNAに損傷を与える要因となる「活性酸素」。この活性酸素を必要以上に作り出してしまう原因として食生活に関係するものでは、古くなったり保存状態がわるい油脂を含む食品の摂取や不飽和脂肪酸(特にリノール酸の多い植物性脂肪)・食品添加物・残留農薬の摂りすぎ等がある。
これらに関しては食品選定の段階で日常の食事によく吟味し加工食品を極力避け 積極的
に活性酵素を作り出す元を回避することです。

加えて便秘は、毒素の吸収時間の長期化と、腸内悪玉菌が毒素を作り出し、これも活性酸素の作りすぎにつながる。
これもバランスをよく考え善玉菌を積極的にとることで対策
そしてキトサンで免疫強化って対策をおすすめいたします。




【対策】
日常の生活習慣や食生活とがんは、密接な関係にあるといわれている。こうしたがんの環境性因子の大部分は食生活の改善によって、取り除く事が可能である。がん細胞に変える可能性の高い物質(発がん性物質)を摂らない事とがん細胞に変える事を防いでくれる食品を積極的に摂る事が大切である。発がん性物質を含む食品として、ワラビやふき、肉や魚の焦げなどが上げられるが、それより食品の保存やいろどりを良くするために使われる保存料、着色剤などといった添加物を多く含む加工食品の取り過ぎに注意する必要がある。タバコも発がん性物質であり、喫煙はあらゆるがんの要因となっているのでやめること。
ストレスを上手に発散し、適度な運動を行い、規則正しい生活を心がけることや、食事に気を使う等の日頃のがん予防が重要である。
また、近年がんの発生要因とされている「活性酸素」を抑える物質を多く含む食品を摂ることも有効ながん予防策である。活性酸素を消去する物質としては体内で作り出される抗酸化酵素と食事等から摂取する抗酸化力のあるビタミンA(β−カロチン)・C・E・B群やポリフェノール、カロチノイド、メシマコブ、イソフラボンなどがある。これらを多く含む食品としては、抗酸化酵素の材料となる良質のたんぱく質を多く含む肉類・魚・卵・牛乳と酵素を補助する銅や鉄・セレン・マンガンを多く含む魚介類・レバー・豆類・ゴマ・肉類、抗酸化物質を多く含む食品としては緑黄色野菜・果物・ナッツ・卵・チーズ・レバー・豚肉・赤ワイン・緑茶・ココア等がある。


医学健康サイトさんより抜粋文  引用させてもらいました。
一人でも多く大事な家族の命を守りたい 


i1.jpg
 カテゴリ
 タグ