今まで漢方薬を利用したり、健康食品を食べたり飲用している人は、好転反応という言葉を

知っていると思います。また、砂療法など民間療法に取り組んでいる人もご存知のはずです。



初めて健康食品を飲用する人にとって、いきなり好転反応といわれても何のことかと戸惑う

はずです。あまり耳慣れない言葉ですが、どのようなことなのでしょうか




体調によってはすぐ出る人がいる一方、逆に2週間後あるいは3週間後に出る人もいます。


また、この状況は人によって出る場合、出ない場合があり、出方も人によって異なります

眠くなったり、だるくなったり、湿疹が出たり、目が赤くなったり、下痢をしたりします。

これが好転反応(調整反応ともよぶ)と呼ばれるものです。;

漢方の世界では普通に使われている言葉で、古くからめん眩と呼ばれているものです。








i1.jpg


 カテゴリ
 タグ