キトサンで未病対策しましょう。 なってしまったよりならないように今日から貴方もはじめてみませんか!
<strong>今まで漢方薬を利用したり、健康食品を食べたり飲用している人は、好転反応という言葉を
知っていると思います。また、砂療法など民間療法に取り組んでいる人もご存知のはずです。



初めて健康食品を飲用する人にとって、いきなり好転反応といわれても何のことかと戸惑う

はずです。あまり耳慣れない言葉ですが、どのようなことなのでしょうか
キトサンの効能 成果に注目してキトサンを飲用した場合、人によっては数日もすると
びっくりしたり、これは困ったという状況に出会うことがあります。


体調によってはすぐ出る人がいる一方、逆に2週間後あるいは3週間後に出る人もいます。


また、この状況は人によって出る場合、出ない場合があり、出方も人によって異なります

眠くなったり、だるくなったり、湿疹が出たり、目が赤くなったり、下痢をしたりします。
これが好転反応(調整反応ともよぶ)と呼ばれるものです。;
漢方の世界では普通に使われている言葉で、古くからめん眩と呼ばれているものです。
@キトサンの飲用量が少ない人より、多い人の方が出やすい

A 粉末とカプセルとの比較では、粉末のほうが出やすい(粉末のほうがキトサンそのものの
  含有量が多いことに理由がある)
B10代の若い人や70代以上の年配者は、比較的に出にくい(もちろん例外もある)

C体調の悪い人や病歴のある人、蓄積疲労のある人、不規則な生活や食生活の人は、
 いろいろな反応が出やすい。

D数値に表れない内臓器系の病気をもった人や、病気の前段症状の人も出やすい
といった傾向がみられます。</strong> 

一人でも多く大事な家族の命を守りたい 
i1.jpg


 カテゴリ
 タグ