キトサンで未病対策しましょう。 なってしまったよりならないように今日から貴方もはじめてみませんか!
寝たきりながらも老人性痴呆症が快方に

転んで打撲して脳の手術を受けて以来寝付いてしまいました。

まったく運動できないので、抵抗力が弱ってしまったのでしょうか、気管支炎が肺炎にまで

悪化し、毎日大量に痰が出ていました。

老人性のぼけの症状が進み、言語障害もあります。食事もチューブでとっている状態です。


家族としては「できることなら何でもやってあげたい」という一心から、評判のキトサン

の粉末を流動食に溶かして与えるようにしました。

1週間目に下痢、発熱の好転反応があり、2週間くらい続きました。

一時は心配しましたが、以後だんだん調子がよく、痰が少なくなり発熱も治まって、

症状もよくなっています。


粉末のキトサンを1日2回、2杯ずつ飲ませていますが。少しでも飲まないと便秘をするので

欠かせません。

以前よりも声をかけたときの理解度が増し、顔の相が変わってよくなったといわれます。

ぼけの症状もよくなってきたように感じられます。

また介護をしている私のほうも、一時は蓄積疲労がひどく、「このままでは、病気になって

しまうのではないか」と心配でしたが、一緒にキトサンを飲むようになってから元気を

取り戻しました。


今では夫は寝たきりながらものんびりと生活ができ、感謝しております。

 
一人でも多く大事な家族の命を守りたい 


 カテゴリ
 タグ