私たちの体には、ガンを攻撃する細胞の働き(免疫)が備わっています。

それは、マクロファージ(貪食細胞)、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)、キラーT細胞

などで、いわば生体がもともともっている「ガン攻撃部隊」ともいえるものです。

通常のガン治療では、抗癌剤や手術などでガン細胞を直接攻撃する方法を用います。

ところが、
それは





免疫療法という言葉の響きは、手術療法や化学療法や放射線療法

と比べるとどこか消極的な方法のように思われがちですが、けっしてそうではありません。



免疫療法の長所
@副作用がないため、患者さんの感情や思考が前向きになる。

A苦痛が減少して食欲旺盛になるので、体力が回復するなどの利点があります。



一人でも多く大事な家族の命を守りたい 


 カテゴリ
 タグ