また、キトサンを継続的に飲用しているいないにかかわらず、次のような症状の時は


必ず医師の検査・診療を受けるようにしてください。



1 なんとなく体調がおかしいなと思ったとき





2 他の体験者と比較して、症状が特にひどいとき




3 症状が長期間に渡るとき。




4 激しい痛みがあるとき




心配なときの飲用法


次の○○反応を弱める飲用法は参考になると思いますので、紹介します






であるとするなら、急激に多くの量を飲用するのではなく、少量からはじめて、体が次第になれていくようにすればいいわけです。



最初の1週間は粉末なら 1日に0.25(250mg)程度 、カプセル(含有量によって異なる)が70mgの場合


としてなら一日3〜4粒を飲用し、体調の変化の様子を見ます。

その様子を見ながら1日に0.5g(500mg程度)、カプセルなら7〜8粒といったように、徐々に増量して

なれていくのです。