中には同じ反応が出て非常につらかったという人もいます。


その後は非常に快適、と報告を寄せる人もあります。


この場合は、必ず医師の診療を仰がなければなりません。


好転反応の発生がわかってくると「どのくらいの量を飲んだら、どのような反応があるのですか」


と聞かれることがあります。


このような場合一般的な傾向を語ることができても、誰にでも役立つ説明ができません・


個人差が大きくあり、出方にも大きく個人差があるからです。



すぐ出る人、出ない人、断続的に出る人。軽い人。激しく出る人。十人十色といっても良いほどです。



2〜3週間の間隔で断続的にいろいろな症状が現れた人、数カ月たってから突然現れた人もいます。



 カテゴリ
 タグ