巨食細胞(マクロファージ)は癌細胞などを細胞レベルで認識し、産生されたインターロイキンT (TL-U)


はヘルパーT細胞に作用してインターロイキンU(IL-U)を産生する。


IL-Uはインターフェロン産生細胞に働きインターフェロン(IFN)を産生を促進し、キラーT細胞と共に



マクロファージに作用して標的ガン細胞の増殖を抑制する。 これが細胞免疫システムで、この系を活性化



するのがアジュバント(細胞免疫賦活剤)である。ヘキサN-アセチルキトヘキサオーストキトヘキサオースは、



マクロファージを活性化し、遅延型過敏性応答試験に陽性、TL-TとTLUの両リンフォカインの産生を高め、細胞傷害性T


リンパ球の活性化、ナチュラルキラーT細胞を活性化する



 カテゴリ
 タグ