タバコいっそのこと販売禁止すれば・・早いですがね
日本って遅れてますね
たばこによる死亡率の上昇
たばこの害で世界で500万人以上が死亡
WHO(世界保健機構)は2008年の報告書で、「たばこにより本年500万人以上の人が亡くなった。これは結核とHIV・エイズとマラリアによる死亡者数を合計した以上の規模である」と警鐘を鳴らしている。報告書では、HIV・エイズと下痢症に関しては、喫煙の有無は関係ないが、その他の心臓病、肺疾患、癌などの重大死因については、喫煙が死亡リスクを増大させている状況を図示している(右図参照)。

タバコによる世界の死亡者数 - WHO報告書に基づく図示。社会実情データ図録
受動喫煙による健康被害受動喫煙とは喫煙しない人が、自らの意志に関わりなく、周囲の人が吸ったタバコの煙(環境タバコ煙)を吸い込んでしまうこと。「環境中タバコ煙」は、喫煙者が吸入した煙(主流煙)の吐出煙と、たばこの先端から出る煙(副流煙)で構成される。副流煙は実際にタバコを吸うのと同等、またはそれ以上に体に悪いとされている。受動喫煙による主な症状として、短期的には咽喉(のど)のいがらっぽさ、鼻の粘膜の炎症、目の痛み、頭痛が挙げられる。慢性影響として、肺がんや循環器疾患等のリスクの上昇を示す疫学的研究があり」とされ、さらにIARC(英文・国際がん研究機関)は、証拠の強さによる発がん性分類において、たばこをグループ1(グループ1〜4のうち、グループ1は最も強い)と分類している。また、受動喫煙により非喫煙妊婦であっても低出生体重児の出産の発生率が上昇するという研究報告もある。
続きを見る
受動喫煙防止対策「受動喫煙防止対策について」 - 厚生労働省
受動喫煙から身を守るにはビタミンCの摂取と血中の有害物質減少に関連があることがアメリカの調査で報告されている。All Aboutガイド記事「ビタミン摂取で受動喫煙から身を守ろう」(2007年9月3日)では、ビタミンCを多く含む食品と含有量を紹介している。
続きを見る
受動喫煙防止のための法的枠組み健康増進法、労働安全衛生法、建築物衛生管理法などがある。
続きを見る
たばこの価格・税制・税の国際比較
関連トピックを見る→「たばこ税の増税」
禁煙自分でできる禁煙への取り組みたばこを吸いたいという気持ちがわき起こったとき、とっさに行動を差し替えるパターンを用意するということが大切。飴やガム、酢昆布のほか、パイプ型の禁煙グッズを口にしてみるとよい。All About 「自分でできる禁煙法」(2009年4月15日)

独女の禁煙成功、その秘訣とは【独女通信】 - 禁煙に成功した女性の体験談など。livedoor(2009年4月8日)
病院での禁煙治療2006年4月から一定の条件を満たせば、禁煙治療(カウンセリングや薬物療法)に健康保険が適応されるようになった。禁煙治療を受けるにはブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上の者であるなど、4つの条件を満たすことが必要である。All About 「禁煙外来・カウンセリング」(2009年4月15日)
電子タバコ
火のないところに立つ煙−タバコを超える?電子タバコとは〜 - 本物に近いギミックが施された”禁煙パイポ”の電子版「電子タバコ」の発祥・課題・進化を紹介。G-Search sideBコラム (2009年2月20日)
禁煙特集
たばこをやめよう! - 喫煙の影響から禁煙外来まで詳しく説明。Yahoo!ヘルスケア特集記事(2008年9月22日から11月22日まで掲載)
喫煙愛好家の主張
喫煙の自由を!「国際パイプスモーキングの日」に全世界で一斉喫煙 - 毎年2月20日には、世界各地でパイプ喫煙愛好家が集って「“禁煙の自由”と世界平和」を祈りつつ一斉にパイプを吸うイベントも。PJニュース livedoor(2009年3月1日)
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/smoking/#infoHeader6
全面禁煙 グラビス大好き


 カテゴリ
 タグ