基礎研究、臨床試験の結果を常に科学雑誌にて発表し続けています。肝臓がんでは、第II相後期臨床試験であるランダマイズドスタディで再発リスクが 81 %も激減し、世界的に権威あるアメリカ癌学会の臨床学術誌(Clinical Cancer Research, 10: 1574-1579, 2004)に、当社との共同研究論文が掲載されました。また、筑波大学と共同で行った脳腫瘍での治療成績も発表しています。(Cancer Sci., 98(8):1226-1233, 2007)
現在も複数の大学病院と共同で臨床研究を実施しています。

漠然とリンパ球を活性化するのではなく、がんを殺すリンパ球を増やすことが重要です。ホルマリン固定組織を使った実験で、正常細胞は攻撃せず、がん細胞のみを攻撃するリンパ球の誘導を確認しています。





手術で取り出されたがん組織は病理部で一定の検査を行った後、多くの場合はそのまま数年保存されています。自家がんワクチンは、それらのホルマリン固定組織、パラフィン包埋ブロックから作製可能ですので、手術を受けた病院へ残存組織の有無をお問い合わせくださいホルマリン固定細胞からのがん抗原特異的なリンパ球の誘導を確認しております。


 カテゴリ
 タグ