私たちが胃腸から直接吸収できる分子量は約2万までです。
ところが、普通のキトサンは分子量が数十万〜数百万もある高分子多糖体で、
人間はキトサンの分子を分解する酵素を持っていませんので、胃腸で吸収することが
ほとんどできません。
高分子のまま食べても、くるみを割らずにからのまま食べるのと同じです。
中身がどんなによくても吸収されないと、そのよさや働きをほとんど発揮できません
そこでキトサン本来の効果を期待するためには、体にすみやかに吸収できるように
低分子化する必要があります。
キトサンは分子量一万以下にすると、真水に溶けるようになります。つまり、素材である
高分子のキトサンを小さく分解することで、キトサンは初めて「水溶性」となり
吸収率を高めることができます。
キトサンを健康食品として用いるには、低分子化して水溶性キトサンにしなければなりません


 カテゴリ
 タグ