神経再生とキチン・キトサン      

物質・材料研究機構、東京医科歯科大学、多木化学が参加の共同研究グループ
研究グループは、事故などにより切断された神経の自己再生を助ける新材料を開発した。カニの腱を素材とするキトサン製チューブで切断された神経をつないでおくと、神経が再生して結び付くというもの。実験では、ラットの座骨神経を切り取り、神経の両端を1.5cmほど離した状態で包み、チューブと神経を縫いつけたところ、チューブで保護された切断面から神経が再生され、1ヶ月で結びつき、さらにここから筋肉につながる細かい神経が成長して2〜3カ月後には完全に元の機能を回復した。
※キトサンは体内で分解する性質があるため生体となじみやすく安全性も高い。



 カテゴリ
 タグ