清志郎さん死去 泉谷さん「オレは認めん」 悼む声次々という記事より。

「オレとしては忌野清志郎が亡くなったコトは受け入れません! 彼はオレの青春そのものだったし、年下なのに師として仰いできたしこれからもだ。忌野さんには一生勝てないし勝つ気もない。若い頃から希有(けう)な天才性を発揮してたし随分まねさせてもらったよ。まだ恩返しもしてないのに彼が勝手に逝くはずもない。だから冥福を祈らないし、告別もしない。オレだけは絶対に忌野清志郎の死は、認めないから」「オレだけは絶対に忌野清志郎の死は、認めないから」

だめだ、泣けてくる。

他には、細野晴臣、ビートたけしらのコメントも。

「がんもロックンロールだって言っていた」忌野清志郎 - Wikipediaには次のように書かれていました。

入院後2週間で代替医療へと治療法を変更。これは、がんセンターでの現代医学的な治療計画では胃に穴を開けての流動食生活となることが余儀なくされ、これに伴い唾液腺が消滅。唾液が出ないためステージで歌うのは困難になると言われたことから。なお、この計画どおりに治療しないと年明け(2007年)には手の施しようがなくなり死に至ると宣告されたという最後まで、絶対に歌うことを諦めなかったのですね。


すこしでも思いをとどめるための代替医療現場で活躍中のキトサンにも注目してください
キトサン粉末低分子タイプ 免疫増強を期待して服用一日1g推奨 2人に一人というガンのリスクに人類の脅威ウイルス疾患にも必ず切り札になってくれます。しかもい医薬品以上と自負しております医療機関と併用で使用することをお勧めします


よーしすぐやってみる人はここからフォーム入力
清志郎さん高校担任「そんなに特別な生徒ではなかった」…「ぼくの好きな先生」のモデル
5月4日8時0分配信 スポーツ報知

 2日午前零時51分に癌(がん)性リンパ管症のため亡くなった歌手の忌野清志郎(本名・栗原清志)さん(享年58歳)の通夜が3日、都内で密葬形式で行われた。

 都立日野高校の3年時の担任で、RCサクセションの初期のヒット曲「僕の好きな先生」のモデルとなった元美術教師の小林晴雄さん(77)も駆け付け、清志郎さんとの思い出を振り返った。

 遺体と対面した小林さんは「おだやかで素に近いような笑顔でした」。今年2月に入院中に見舞ったときは「本人もだいぶ良くなってきたと言ってたんですが」という。忌野さんは高校時代から絵を描くのが好きで、同校のOB展にも毎年のように顔を出していた。

 高校時代の清志郎さんについては「そんなに特別な生徒じゃなかった。問題行動もなかった。ただ出席状況は良くなかったので単位はギリギリ。夜の仕事も始まっていたので、よく昼まで寝てましたなんて言ってたな」。

 72年に「ぼくの−」を発売したときには、レコードを持ってきて「こんなこと歌にして迷惑じゃなかったですか」と恐縮していたという。「優しい子でしたね」と自慢の教え子の死を惜しんでいた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090503-00000214-sph-ent
キトサン粉末低分子タイプ 免疫増強を期待して服用一日1g推奨 2人に一人というガンのリスクに人類の脅威ウイルス疾患にも必ず切り札になってくれます。しかもい医薬品以上と自負しております医療機関と併用で使用することをお勧めします


よーしすぐやってみる人はここからフォーム入力



 カテゴリ
 タグ