薬事食品衛生審議会医療機器・体外診断薬部会で、バイオアクセス社の製品に対する承認審査の結果が報告されるとした上で、「問題なければ承認したい。保険適用も同時に認めたい。最速であさってには(承認が)可能になると思う」と述べた

まあ生活していくうえでどんどん改良していってもらいたいです

ところでキトサンは医薬品ではありませんが、外用に塗布しても実に治療効果が早いです

オーラスキン ファンデ キチンキトサン含有オーラスキン ファンデ

オーラスキン ファンデ キチンキトサン含有オーラスキン ファンデ


骨髄移植の代替医療器具、26日にも承認
2月24日21時4分配信 医療介護CBニュース



全国骨髄バンク推進連絡協議会の大谷貴子会長(左)らと面会する舛添要一厚労相。左端は同協議会が提出した署名

 国内で実施される大半の骨随移植で使用される米バクスター社製の採取骨髄ろ過キットの代替品として、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が現在審査を進めている米バイオアクセス社の製品が、早ければ2月26日にも承認される。舛添要一厚生労働相が24日、特定非営利活動法人(NPO法人)「全国骨髄バンク推進連絡協議会」の大谷貴子会長らと面会した際、明らかにした。

 舛添厚労相は、26日に開催予定の薬事食品衛生審議会医療機器・体外診断薬部会で、バイオアクセス社の製品に対する承認審査の結果が報告されるとした上で、「問題なければ承認したい。保険適用も同時に認めたい。最速であさってには(承認が)可能になると思う」と述べた。

 舛添厚労相によると、バクスター社は、承認審査中のバイオアクセス社の代替品600キットを確保しており、このうち320キットが既に日本に到着している。残りのキットも順次、日本に輸入される見通しだという。バクスター社は、バイオアクセス社の製品の承認が得られ次第、供給を始める予定で、舛添厚労相は「これで骨髄移植に支障が出ることはないと考えている」と述べた。

■「再発防止を」「キット不足、あり得ない」
 全国骨髄バンク推進連絡協議会は面会の際、舛添厚労相に対し、「採取骨髄ろ過キット在庫不足問題に関する情報公開」と「未承認キット使用による患者負担増加回避」を求める署名6万6562人分を提出した。大谷会長は「二度とこのようなことが起こらないようにしてほしい」と訴えた。
 
 面会後、同協議会事務局の黒川紀子さんはキャリアブレインに対し、「患者にとって骨髄移植は最後の手段。やっとドナーが見つかり、骨髄移植にたどり着いたという時に、『キットがない』というのはあり得ない」と述べた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090224-00000006-cbn-soci
キトサン キトサン


 カテゴリ
 タグ